不動産投資で気を付けたい事

不動産投資において、個人投資家が気を付けたいこととはなんでしょうか?

何よりも気を付けたいのは、収支計算の考え方です。
これを間違うと、利益が出ているのかそうでないのかも分からず、投資を失敗に導く可能性が高くなります。


不動産投資①月々の収益がいくら出るかだけを重要視しない
自己資金をたくさん積むことができれば、どんな物件でもそのぶん収益は多くなりやすくなるはずです。
しかし、無借金の不動産投資こそが最良の投資法とは限りません。長い目で見た時の収益がどうなるかという計算こそが重要です。

また、一見月々の収益が多く見える物件が、良い物件とは限りません。
例えば好景気の時に入った入居者が多く現況賃料が割高で収益が高い物件だとでも、立地がやや悪いなどの悪条件が重なると、今の入居者が出ていった後に入居者が見つかりにくい可能性があることから、実は値下がり・空室リスクが高い物件ともいえるのです。

②「ローン完済までは忍耐、完済後は賃料収入で悠々自適」とは限らない
これは、かなり大規模に大家さんをやっている人でも勘違いしている人が多いようです。
本当にローン完済が必須なのかは良く見極める必要があります。
毎月ローンの残債は減っているので、純資産は増えています。
一定期間経過後に売却をすれば、売却金額からローン残債を差し引いた額の、まとまった現金が手に入り、大きな収益が得られます。
状況によっては一度手持ちの物件を売却し、その売却金で違う物件や債券を買うという選択肢も視野に入れると良いでしょう。

③買った値段より安く売ったからといって必ず損をするわけじゃない
確かに、買値と売値だけで見れば間違いなく損ですが、実際には保有期間中に賃料収益などの【売値以外の収益】が発生している場合もあるからです。
金融市場が分かる人ならば、「額面より高い価格のハイイールド債券を満期まで持って額面償還するのと同じ」だと考えると良いでしょう。

というかそもそも景気が大幅に上向かない限り、年数を経過すれば、当初買った値段より高く売れる投資物件の方が珍しいのではないでしょうか。
なぜなら建物は経年とともに劣化し、実勢価格が下がっていくものだからです。

不動産投資で気を付けたい事なら、不動産投資ユニバーシティ<アパート経営・マンション経営>