不動産投資の収益指標、それぞれの弱点(1)表面利回り

不動産投資には、さまざまな収益指標があります。
それぞれの弱点を見ていきましょう。

今回は「表面利回り」の弱点についてです。

表面利回りは個人投資家が、もっともよく用いる指標です。
不動産の販売図面上でも特に断りがない限り、利回りと言えば表面利回りです。
グロス利回りなどとも呼ばれます。

表面利回りは年間賃料収入/物件価格で算出します。

表面利回りの問題点は、賃料収入を得るに際して、必要不可欠な経費を考慮していないことです。
表面的には高い利回りの物件でも、毎月必ず発生する管理費、修繕積立金を差し引くと、手元にはそれほど残らないこともあるのです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *